2010年01月23日

純米大吟醸 貴

昔働いていた居酒屋へ久々に立ち寄ってみた。

ココにくるといつも
「安くお願いします」
と頼んでいるのだが
やたら高い酒をすすめてくる。
そして、いわれるがままにその酒を注文し、いつもより割だかな晩酌になるというのがいつものパターンだ。

この店、昔はイタリア料理の多い、無国籍な居酒屋だったが
最近では、日本料理メインに変貌を遂げた。
そのため、以前はワインやカクテル何かをすすめてきたが
今回は日本酒だった。
貴

純米大吟醸 貴


いい名前である
そして、なんとなく高そうだ。

まあ、そうわいっても
なんだかんだで注文する。
味はあんまり覚えてないが
さすが貴だよ
なんて言いながら味わって飲まさせて頂いた。




私は、日本酒はあまりやらない
飲まないと言っても嫌いなわけではなくただ一緒に飲んでくれる人がいないだけ
冬に飲むのは日本酒だよな
とか思っているが
いつも
「焼酎」
を頼んでへべれけになって終わる。
posted by 魔王 at 07:35| Comment(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

リモンチェッロ

リモンチェッロはイタリアの名物リキュール

かつて働いていた居酒屋で
リモンチェッロを炭酸でわったカクテルがあり
それが、甘い割にさっぱりしていてとても好きだった。

いつかイタリアで本場のリモンチェッロを飲んでやる。
と思って幾年月か過ごしていた。

そして去年はれて念願のイタリア旅行がかなう
ことある店で注文してやろうと計画していた。
さっそく、ナポリの街でリモンチェッロを注文
やってきたリモンチェッロは
ストレート
そして
全く冷えてない

どうやら、イタリアではリモンチェッロを割ってのむ文化はない様子
あまつさえ冷やすなんてこともない

その後も他のレストランで頼んでみるも
リモンチェッロ with soda
みたいなメニューは見つけられなかった。

しかも、食前酒扱いされていて
飯も何もない段階で
突如
ぬるいリモンチェッロのストレートが出される
正直うまくも痒くもなかった。


しょうがない、イタリアで頼むのはやめよう・・・
日本に帰ってからソーダを入れて、じっくり冷やして飲んでやろうと思いカプリ島リモンチェッロを買って帰った。

リモンチェッロ
ラベル:リキュール
posted by 魔王 at 07:17| Comment(0) | リキュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森伊蔵

控えおろう!!
これが天下に名高い森伊蔵様である

森伊蔵

若干毛羽立った箱の中に森伊蔵様は居られる
本格焼酎の冠名は伊達じゃない
keitai 488.JPG

姿を見せた森伊蔵
神々しい姿である。


いつもは、焼酎を水割りで飲む私だが
今回はまずはロックで飲んだ
氷だって、冷蔵庫の氷ではなく
イッチョ前のロックアイスである。

ふくよかな香り
世の中であれだけ騒がれてるんだからまずいワケはあるめえ

次は、水割り
水は富士山の天然水を山梨から調達した。
やはり、めったに飲めない物を飲むときは心構えも肝心だ。

とりあえず、
ありがたく、ありがたーく飲んでおきました。


⇒森伊蔵
この値段を見ておくと、ありがたみも増すと言うもの
でも定価は、一升2500円だったはず


ラベル:森伊蔵
posted by 魔王 at 07:08| Comment(0) | 焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。